スロットで極限まで勝負を続けた結果

スロットで極限まで勝負

オンラインカジノではやっぱりスロットで稼ぐことが大事だと思って、ボーナス込みで1000ドル以上の勝負をすることにしました。賭け金は最小限にしながらも、ジャックポットを狙えるような方法を取ることにしました。この多くの金額をつぎ込むことで、本当に勝つことができるのかを調べてみたかったのです。オンラインカジノに関連するサイトには、ある程度つぎ込めば勝てると書かれていたのが気になったためで、本当に確率以上に厳しい状況が起きてしまうのか知りたいのもありました。

スロットでそう簡単に勝てることはなかった

基本的に勝ちやすいと書かれていても、オンラインカジノで勝つことは難しいと思っていました。当然のように、しっかりとプレイしていけばその傾向はわかってきます。スロットを続けていたことでわかったのは、そう簡単に勝てる方法はなかったのです。運が悪かったと言えばいいのですが、運が悪い程度で判断できるほどの状況でもないように感じられました。オンラインカジノはとても厳しいものと思いました。

まずスロットをプレイしたい時に思ったのが、ラインの数が非常に多いことでした。私がプレイしたのはビデオスロットですが、このスロットはラインが非常に多く設定されて、5リールもあるためになかなか当たることがなかったのです。オンラインカジノでは、こうしたタイプが非常に多いとされていたので、プレイせざるを得なかったのですが、やっぱり勝つことは難しかったです。当たってもマイナスで終わっていることも多くあり、非常に勝つことが大変に感じる面もありました。

次に思ったことが、的中するためにラインに3つ以上同じものを揃えるのですが、揃えたものがあまりにも大したものじゃなくて、的中によって払われる金額が小さいことでした。大きな的中以外は大してもらえないのかなと思ってしまうくらい、小さい金額しか出てきませんでした。オンラインカジノを続けていたことで、その傾向は明確になってきました。どんどん小さい的中によって、数ドルずつ減っていることがわかってきて、1000ドルくらいあった初期金額は、いつの間にか半分くらいまで減っていました。

この傾向を何とか止めたいと思っていましたが、やっぱり止めることは難しいです。オンラインカジノのプログラムに翻弄されていき、どんどんお金を使ってはスロットで減らしているような状況でした。300ドルまで減ってきた時に、これはまずいと思って他のゲームを始めたくらい、スロットから離れたいと思っていたこともありました。それくらい当たらないゲームを続けることに嫌気が差してしまい、かなり離れたいと思ったこともありました。

一発逆転に近いことはできたものの

こうしてスロットから離れて、100ドルほど何とか増やすことに成功したので、もう1回スロットで勝負することにしました。もう使い切らないと、オンラインカジノで出すことはできないと思ったので、使い切ったほうが無難だと思ったのです。スロットをプレイし続けて、やっぱり減っている金額が大きいことも見えてきました。プレイしている回数に対して、減っている金額はそれなりに多くなっていたので、苦しい現状には変わりはなかったのです。

それでも的中したことで、何とか引き止め続けることができました。勝つためにスロットをプレイし続ける状況だけは残されて、少しずつ減っていますが極端には減らないような、そうした状況が生まれました。そしてついに絵柄が5つ揃う場面に遭遇して、一気にお金を増やすことができたのです。流石にジャックポットクラスではありませんでしたが、これで大幅な回収が行えました。

しかし回収できたとしても、100ドルくらいは負けている状態でしたので、まだプレイを続けないと駄目でした。当たったのでこれ以上続けることが厳しいと思って、その日は止めてしまいましたが、その後で続けたことで元の金額まで戻すことはできました。スロットは確かに1発勝負ができれば、戻せる金額はかなり大きいように感じますが、それでも外れる回数が数百回あることを考えれば、その負担は相当大きなものと考えられます。

こうしてオンラインカジノでは、スロットをプレイし続けることで、勝てるチャンスは有ることも判明しました。同時に失敗する可能性も高いことがわかったので、とにかくボーナスを増やしてでもプレイを続けること、お金が沢山無いとゲームが成功しないことを意識して、今後もスロットを続けようと思いました。

ちなみに1000ドルの金額については、その後もスロットでつぎ込んだ結果、何回か大きな的中を得ることはできましたが、ジャックポットを当てることはできませんでした。一応ボーナスの制限を超えるまでお金を残すことはできたので、ある程度のラインで戻すことにしました。最終的には、5つ全てが揃ってかなりの金額が戻ってきたこともあり、一応100ドルくらいのプラスで終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です