オンラインカジノ攻略

様々あるオンラインカジノ攻略法

ベッティングシステム(マーチンゲール法)について

「ベッティングシステム」の活用は、オンラインカジノを攻略するうえで重要です。さっそく解説しましょう。

ベッティングシステムとは?

戦略的な賭けかたを指すことばとして「ベッティングシステム」があります。ギャンブルを長期的に楽しむには、軍資金と賭けかたのバランスが大切です。調整方法として考案されたのが「ベッティングシステム」となります。さまざまなものが考案されたのですが、元となっているのは「マーチンゲール法」です。つぎの項目で内容を詳しく紹介しましょう。

マーチンゲール法について

「ベッティングシステム」といえば「マーチンゲール法」とされるぐらい、この攻略法は代名詞になっています。古典的な手法であり、フランスのマーティギュー地方出身者が好んで使っていたことから名付けられました。具体的に説明をすすめましょう。その手法は、「負けたら倍賭け」です。「2倍配当」のゲームで活用すれば、「勝ち」を収めた時点で必ずプラスがでます。理論的には、必ず「トータルの勝ち」を収められるのです。すごい攻略法だと思いませんか?

マーチンゲール法で本当に勝てるの?

「2倍配当」のゲームで「倍賭け」するわけですから、1回でも勝てば「トータルの勝ち」をもぎ取れます。ギャンブラーが全員「マーチンゲール法」を取り入れたならば、カジノが潰れてしまいますね。しかし、そうはいきません。なぜならば、「マーチンゲール法」には弱点が存在するからです。その点について説明を続けましょう。

マーチンゲール法の弱点について

1ドルから始めたとして、3連敗や4連敗なら何の問題もないでしょう。問題は10連敗以上を喫してしまった場合です。「勝率50パーセントゲーム」で考えた場合には、確率がわずか「0.1パーセント」となります。「あり得ない」ようで、おもわぬタイミングに出現する確率と考えてください。1ドルから始めても10連敗すると、11戦目には1024ドルを用意しなければなりません。軍資金が少なかった場合には「マーチンゲール法」をストップせざるを得ないのです。さらに、カジノゲームには「ベットリミット」が設定されています。これを超えて「ベット」できませんから、上限が1000ドルに設定されていた場合には、先ほどの例に当てはめると11戦目に対しての「ベットルール」を守れませんね。「勝ち」を収めても、負け分を取り戻せないのです。金額を実際に当てはめましょう。11戦目に1000ドルベットでは、勝っても23ドルの負け分が残ります。お分かりでしょうか?十分に注意してください。

パーレイ法による攻略法

オンラインカジノを始めようと考えている人へ、爆発力のある攻略法を紹介しましょう。

パーレイ法の手法について

「パーレイ法」は「ベッティングシステム」の一種です。戦略的な賭けかたで「資金管理」をしながら、ギャンブルで「勝ち」を狙います。
「マーチンゲール法との違いを教えてください」。ギャンブル初心者からの質問にお答えしましょう。「マーチンゲール法」は「負けたら倍賭け」が「ベットルール」ですね。「負け」が続いても1回の「勝ち」で取り戻せるメリットを有しています。しかしながら「ローリターン」な手法であることを認識してください。「大勝」を狙うならば、別の「ベッティングシステム」を取り入れなければなりません。オススメとなるのが「パーレイ法」です。この手法は別名「逆マーチンゲール法」と呼ばれています。「2倍配当ゲーム」での活用がセオリーです。そして、「勝てば倍賭け」を「ベットルール」としています。ものすごいですね。連勝すれば、少ない資金でも「あっという間に」大金へと膨らみますよ。

パーレイ法の特徴について

「パーレイ法」を「攻撃的」とするギャンブラーは非常に多いですね。確かに「ハイリスク・ハイリターン」な手法ですから、「攻めのシステムベット」で間違いないでしょう。申し上げたいのは、「マーチンゲール法」と比較した場合に、「勝ち」の違いがあります。「負け分を取り戻すこと」に主眼をおいている「マーチンゲール法」に対して、「パーレイ法」は「大きな勝ち分をもぎ取ること」を目的としているのです。

パーレイ法のリスク

「ハイリスクな攻略法は試したくないよ……」。このような声が聞こえてきそうですね。「パーレイ法」は確かに「ハイリスク」ですが、それだけではありません。「攻撃こそ最大の防御」という格言をご存じありませんか?古来より戦術家によって語られている格言です。「パーレイ法」は連勝によって成立する攻略法となります。「1回の負け」で「勝ち分」を失うのは「リスクが大きすぎる」と考えがちです。しかし、よく考えて下さい。「1回の負け」による損失は、「連勝前に賭けたベット額のみ」なのです。「1ドル」で始めた「パーレイ法」ならば、連勝していって負けたときの損失は、わずか「1ドル」にすぎません。
少ない資金で「大きな勝ち」を狙うならば、「パーレイ法のリスク」なんて小さいと感じませんか?

パーレイ法の考えかた

勝率50パーセントゲームで「パーレイ法」を取り入れても、「5連勝」以上がでる確率は極めて低いのです。しかし「損失額」は僅か(わずか)ですから、臆せず(おくせず)に取り組んでください。賭け続けることで「勝負の波」を逃さないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です