日本人狙いのオンラインカジノには注意が必要

多くのプレイヤーを導入して、より多くのゲームをしてもらいたいと考えているオンラインカジノは、出来る限り利用してくれるプレイヤーを探すようにしています。ここで日本人をターゲットにしているところが出ています。違法扱いにされてしまうオンラインカジノの可能性も高く、非常に危険なので避けたほうがいいです。

危険

日本人専用テーブルの存在

一部のオンラインカジノでは、日本人がプレイしやすいようにするため、専用テーブルを作るようにしています。これは日本人が日本語でやり取りを行うために必要な要素を加えて、行いやすくしています。一見するとオンラインカジノが海外にあるから問題ないだろうと思われますが、実際には違法扱いになってしまうことが多いので注意が必要です。
本来人を特定して行うようなオンラインカジノはありません。特定の国の人だけに良いサービスを行っているのは、他の人からすればおかしなことじゃないかと考えるようになり、苦情が来てもおかしくないはずです。苦情が来ないようなところがあるのは、オンラインカジノでも日本人狙いとされていて、海外のユーザーがそもそもいない可能性もあります。

ディーラーまで日本人はおかしいこと

海外で利用されているからこそ、オンラインカジノでも逮捕されることがなく、合法扱いにされていることも一応ありますが、違法扱いのサイトは日本人をディーラーにまで採用していることが多いために、明らかにおかしいようなイメージを持たれてしまうことが多いのです。
オンラインカジノでは、海外の人がディーラーを勤めていれば問題はないですし、それは普通のサービスであると考えられるのですが、稀に日本人の人がサービスを行っているケースもあります。これはオンラインカジノでも違法行為に当てはまる可能性が高く、日本人が日本人に向けてサービスを行っている、違法なオンラインカジノとされます。

賭博罪に該当するところは使わない

良いサービスを行っているオンラインカジノであれば、そのリスクは小さいとされていますし、逮捕されるようなことも減るのですが、違法とされているところは警察も目をつけています。
賭博罪に該当することになれば、オンラインカジノを利用したことで逮捕されて、当然のように罪の精算を行うことになります。日本人を狙っているような、明らかに変なところを使わずに、海外のライセンスを持っている信頼できるところを使ってリスクを減らしてください。